HOME矯正治療 症例集受け口
【30代 女性】 治療期間:1年6ヶ月

ガタガタを伴う受け口

広島県から来られた30代の女性。

近隣の矯正歯科に相談に行ったところ

「外科手術をしなければ受け口を治すのは難しい」

と言われたとのことでした。

【前歯のガタガタを伴う受け口。

左上の2番目の歯が奥に入っています。】

 

その後、外科手術をしなくても治療できる方法がないかと、いつくかの歯科医院に相談に行ったそうです。

なかには

「外科手術しないで受け口を治すと、今よりもっと見た目が悪くなる」

とも言われたそうです。

外科手術をしないで受け口の矯正治療をした場合、骨格自体を変えるわけではありませんので見た目が大きく変わるわけではありません。

しかし、外科手術をしなくてもきちんと咬めるという目的は達成できることがほとんどです。

 

骨格診断、CADIAX(キャディアックス)を用いた顎の検査などを受けて頂き、治療を開始しました。

【ゴムメタルを用いたかみ合わせを考えた矯正治療】

 

治療期間は18か月

【上の前歯が下の前歯より前にならび、前歯できちんと咬み切れるようになりました】

【2番目(白い矢印)の歯がきれいに並びました】

【下の前歯もきれいに並びました】

【受け口が改善されました】

【スマイルもよくなりました】

 

骨格の特徴を考えて治療を行うことで、見た目も改善することができました。

「外科手術をしないと今より見た目が悪くなる」

ことは基本的にはないと考えています。

 

矯正治療は「見た目をよくする治療」という側面ばかりが強調されています。

見た目がよくなることは、社会生活を営んでいる人間にとってはとても大切なことです。

しかし、「見た目をよくする」という観点からスタートすると、受け口の治療は第一選択として「外科手術」になってしまいます。

 

当院に受け口の相談に来られる患者さんの多くは、

うまく噛めない。

喋りにくい。

奥歯に負担がかかる。

などの機能的な問題を抱えている方がほとんどです。

 

当院では

「矯正治療=正しいかみ合わせにする治療」

と考えています。

 

その結果、見た目もよくなれば良いのではないでしょうか。

 

「外科手術をしなくてもよい」という選択肢があることを、受け口で困っている方にすこしでも知っていただければと思っています。