白数デンタルオフィス
» SDO OFFICIAL SITE
ご予約・お問い合わせは
受付時間:10:00~18:30
0120-63-8118
2017.05.09

抜かない矯正:どの歯を抜かないのか?

 

「抜かない矯正」「非抜歯矯正」という言葉があります。

 

一度抜いてしまうと二度と生えてこない自分の歯。

できれば歯を抜かずに矯正したいと思います。

 

しかし、ガタガタがヒドイ場合、歯を全く抜かないで矯正治療をすることはかなり難しいのが現実です。

 

では、どこの歯を抜くのか?

 

やはり第一選択は「親知らず」

 

では、なぜ親知らずなのか?

 

かみ合わせが悪なる原因は、奥歯にあるのです。

 

自分ではよく見えない奥歯のかみ合わせの悪さが、前歯にも大きな影響を与えています。

 

つまり、「親知らず」を抜歯して、「奥歯のかみ合わせ」を整えることで、ほぼすべて方で小臼歯の抜歯が必要なくなるのです。

 

矯正治療のために「小臼歯」を抜歯しても、「親知らず」の抜歯も必要になる場合がほとんど。

 

矯正治療のために小臼歯4本、親知らず4本、合計8本も歯を抜くことになります。

 

 

「抜かない矯正」=「小臼歯を抜歯しない矯正」

(親知らずは抜歯)

 

と考えて頂ければと思います。

 

 

「親知らず」だけ抜歯すれば、かなりのガタガタでも大丈夫。

 


白数デンタルオフィス
白数 正義