Home>白数デンタルオフィス公式ブログ>インプラントについて>白数デンタルオフィス公式ブログ>抜かない、外科手術なしの矯正

顎関節の変形 その1

インプラントについて

白数デンタルオフィスではCTを導入しています。

インプラント手術の際は、CTを撮影し、3次元的に骨量を確認してから
インプラント体の埋入位置を決定することが基本となっています。

しかし、CTのすばらしさはこれだけではありません。

当院では、顎機能総合検査の際に、顎関節のCTを撮影します。

これは30代男性の顎関節の写真です。

標準的なラグビーボールのような形態をしています。

しかし、中には、とても変形している顎関節もあります。

この方は、59歳の女性です。
奥歯がなく、あごが痛くて開かない状態でした。

CT画像では、右側の関節頭だけがが半分以上磨り減っている状態でした。

それにしても、なぜこんなにも顎関節が磨り減ってしまうのでしょうか?

次回はその原因について考えていきたいと思います。

tjamigos