お知らせ歯科助手募集中
HOMEインビザライン治療をうけられる方へ

インビザラインは従来のワイヤーを用いた矯正治療ではなく、歯を動かす「アライナー」を作製し、アライナーを交換することで歯を動かす治療法です。
コンピューターでシミュレーションした歯の動きに基づいて、少しずつ形の違うアライナーを機械で作成します。形の違うアライナーを順番に装着することで歯が動いていきます。マウスピース矯正と呼ばれることもあります。

インビザラインでのシミュレーションは、骨格や顎の動きの検査結果から歯科医師の診断した治療計画を基に作成しています。一口にインビザライン治療といっても、歯を動かす治療計画は歯科医師によって大きく異なります。インビザラインは歯を動かす装置の種類の一つで、治療方針や治療計画は歯科医師の判断に委ねられています。

インビザライン治療のメリットは従来のワイヤー矯正に比べて、お口の中の違和感が格段に軽減されていることです。快適に食事をすることもできます。また、見た目もほとんど分かりません。

しかしデメリットとしては、きちんと装着していないと治療が進まないことです。また、従来のワイヤーに比べて、アライナーでは苦手な歯の動きもあります。コンピューターでのシミュレーションも完璧ではありません。

当院では、患者様に少しでも快適に矯正治療を受け頂きたいとの思いからインビザライン治療を導入しています。インビザライン治療の利点、欠点をご理解頂き、皆様のかみ合わせが良くなるお手伝いをさせていただきます。
何かご不明な点があれば遠慮なくお尋ねください。

インビザライン治療のための大切な約束

食事以外は必ず装着してください。

1日22時間の装着が目安です。インビザライン治療は装着していないと歯が動きません。装着時間が短い場合、予定通りに治療がすすまない可能性があります。

食事の時はアライナーを外してください。

アライナーを装着したままの飲食はアライナーの変形に繋がります。アライナーを装着して食事をすると、アライナーの中に汚れが溜まり虫歯になるリスクが高まります。

食事後は歯磨きをしてからアライナーを装着してください。

歯磨きをせずにアライナーを装着すると虫歯になるリスクが高くなります。インビザライン治療中は歯がアライナーで覆われているため、虫歯リスクが高くなっています。通常の歯ブラシによる歯磨きだけではなく、フロス(糸ようじのようなもの)や歯間ブラシを使用しましょう。通常の歯磨き粉だけではなく、フッ素ジェルの使用もお勧めしています。

飲み物は水だけにして下さい。

砂糖が入っている飲み物は、虫歯のリスクを高めます。砂糖の入っていないお茶は虫歯リスクを高めることはありませんが、ステインが付きやすくなってしまいます。その他、コーヒーや紅茶など色の濃い飲料はアライナーが着色してしまいますので好ましくありません。

来院について

  • 来院は基本的に4週間に一度です。治療が順調に進んでいる場合は、8~12週に変更します。
  • 来院されるとシミュレーションに基づいて歯が動いているかを確認します。
  • ブラッシングをします。
  • お口の写真(毎回)、レントゲン写真(1年に1回)を撮影します。

アタッチメントが歯の表面に付きます。

アタッチメントとは歯を回転させたりするための補助として歯の表面に装着するプラスチックです。虫歯を治すときに使うものと同じ材料です。治療後はきれいに外すことができます。

インビザライン装着の手順

1.装着するとき

前歯から奥歯にかけて、指でゆっくり押していきましょう。慣れるまでは鏡で確認しながらゆっくりとおこないましょう。強い力で無理やり押し込んだりすると、アライナーの変形や歯の痛みを生じることがありますので注意してください。

  • ①前歯からつけます
  • ②前歯全体を押します
  • ③奥歯をゆっくり押します

2.装着したあと

アライナーチューイ―というシリコンゴムでできたロールを前歯と奥歯でしっかりと噛み締めます。噛み締めることでアライナーがきちんと装着され歯の移動が開始されます。インビザラインは、しっかりとはまっていない状態で使用すると、正確に歯が動かないことがあります。

  • ①前歯で数回噛みます
  • ②奥歯で数回噛みます
  • ③反対の奥歯で噛みます

上記①②③を最低3回繰り返します。5分くらい噛むと効果的です。

3.外すとき

  1. 奥歯の内側に爪を引っかけて、外側に開くように外して下さい。
  2. 次に反対側の奥歯を外します。片側の奥歯をはめたまま前歯を外すと前歯に強い力がかかりやすいので、左右両方の奥歯を先に外した方が良いです。
  3. 両方の奥歯が外れたらあとは前歯だけになるので、両手で前歯の外側と内側をつまんで、外側にゆっくりと外します。

※アライナーが取りはずしにくい場合は、アライナーリムーバーを使用します。

手で外す場合
  • ①奥歯の内側から外します
  • ②反対側の奥歯を外します
  • ③前歯を両手で外します
アライナーリムーバーを使用する場合
  • ①奥歯の内側に引っかけます
  • ②反対側の奥歯を外します
  • ③前歯を両手で外します

アライナーの交換について

  • アライナーは1週間毎に新しいものに交換します。最大限の効果のため、新しいアライナーへの交換は就寝時に行います。アライナーは装着後4時間以上連続で使用しないと最大の効果が発揮できません。
  • アライナーのステージ番号と装着スケジュール表を確認しながら、間違えないように交換を行ってください。交換をし忘れた場合や、スケジュール通りに交換できなかった場合は、装着開始日の横に装着した日付を記入してください。
  • 新しいアライナーがきつくて装着できない場合は、使用中のアライナーを数日間延長して使用します。使用中のものを数日使用後、新しいものに交換してきちんと装着できる場合は、新しいものを使用します。新しいものに交換した日付を記入しておいてください。また、決められたスケジュールで交換できなかったこと来院時にお伝え下さい。
  • ひとつ前のアライナーは捨てずに袋にもどして保管しておいて下さい。1つ前のアライナーを保管しておくのは、使っているアライナーを紛失してしまった場合など、もしものときのためです。
  • 外出先でアライナーを外す時は必ずケースに入れて保管してください。ティッシュに包んだまま捨てる、床に落として踏む、ポケットに入れて変形する、といったことがあります。
  • ①ひとつ前
    (必ず保管)
  • ②使用中外した時
    必ずケースに入れる
  • ③次のアライナー
    きつくて装着できない場合
    ②を数日使用する

アライナーのお手入れ方法

  • 取り外したアライナーはきれいに洗いましょう。唾液が付着したままにしておくと、石灰化してアライナーが白くなったり、臭いの原因になったりします。インビザラインは変形しやすい素材でできているので、ていねいに取り扱いましょう。
  • 洗うときは手でこすり洗いをします。こすり洗いだけでは十分でないときには、歯ブラシを使います。
    匂いが気になるときは食器用の中性洗剤で洗います。歯磨き粉の使用は傷つける原因になるので避けましょう。
  • どうしても匂いが気になる場合は専用の洗浄剤で洗浄してください。
  • 歯ブラシでやさしく洗ってください



歯科助手を募集しています