ホーム>治療例

治療例

ガタガタ非抜歯矯正

ガタガタが気になる。学校検診で指摘された。

7歳 女の子 / 治療期間:2年7カ月

オーバーレイ装置2×4(ワイヤー)装置

リテーナー(保定装置)使用

学校の検診でガタガタを指摘され、相談に来られました。

下の前歯4本は大人の歯がしっかり生えています。

上の歯は、大人の歯が1本はえてきたのと、もう片方はこれから生えてくるところです。

前歯に上下ともガタガタがみられます。

上あごの成長不足と、それに伴う下あごの成長不足です。

それに加えて、かみ合わせの高さが不足しています。

★治療方法★

患者様の骨格に適正なかみ合わせの高さになるようにオーバレイ装置を使って高さを補正します。

2×4(ワイヤー)装置で上あごの前後、左右方向の成長を促し、下あごも同様に成長を促します。それに加えて、前歯のガタガタを取り除ききれいに並ぶように調整します。

装置を除去し、治療が終わりました。これから保定装置を使いながら3カ月毎のチェックを継続していきます。

※beforeは治療開始前。afterは治療終了後3年経過の写真です。

★ポイント★

下の歯がガタガタしている場合、上の歯に問題がなさそうに見えても上のあごの成長不足が関係していることがあります。

ヒトのかみ合わせは本来、下の歯のアーチが上の歯のアーチの中にすっぽり収まる形になっています。ということは、上の歯のアーチの大きさが下の歯のアーチの大きさを決めているということです。

さらに安定したかみ合わせには上下の奥歯のかみ合わせが大切になります。前歯のガタガタは前歯だけの問題ではなく、奥歯のかみ合わせとのつながりがあります。

軽いガタガタに見えても、実はその問題の根底に奥歯のかみ合わせが乱れていることがあります。当院の矯正治療は、おとな、こどもに関わらず奥歯のかみ合わせを立て直し全体の並びを整えていく治療法です。

治療例に戻る
歯科助手を募集しています