ホーム>治療例

治療例

受け口非抜歯矯正

重度の受け口。 近医からのご紹介。

8歳 女の子 / 治療期間:2年1カ月

オーバーレイ装置2×4(ワイヤー)装置

リテーナー(保定装置)使用

近医からのご紹介を受けて来られました。

重度の受け口で、上の前歯が下の前歯に完全に隠れています。

上下の前歯8本が大人の歯に生え変わっている途中です。

下のあごが前に出ているというよりも、上のあごの前方向への成長不足が見られました。

奥歯のかみ合わせの高さが不足しており、下あごが前上方向へ回転している状態です。

★治療方法★

患者様の骨格に適したかみ合わせの高さになるようにオーバーレイ装置を使って高さを補正します。

2×4(ワイヤー)装置を使って上あごの前方向への成長を促し、上下の歯のかみ合わせを治します。

装置を除去し、治療を終えました。

保定装置を使いながら3カ月毎のチェックを継続しました。

7番目の歯が生えてきたことから、半年ごとに切り替えてチェックを継続中。

beforeは治療開始前。afterは治療終了後1年半の写真です。

★ポイント★

骨格的に治療後のかみ合わせ状態に適応しやすい患者様なので、経過は安定しています。

しかし、受け口の傾向を持っているので、成長期が止まるまでは経過をみていく必要があります。

あごの成長具合によっては、受け口が戻る可能性があるからです。

もし再矯正が必要になったとしても、噛み合わせのバランスを子供のうちに整えているので、

大人の治療からスタートするよりは、難しくない治療となります。

このように奥歯のかみ合わせからアプローチすることで、外科手術や抜歯をせずに受け口を治す方法があります。

他院で矯正相談をして「外科手術が必要だから成長するまで待ちましょう」と言われた場合でも、当院に一度ご相談ください。

治療例に戻る
歯科助手を募集しています