第三の永久歯として注目されるインプラント治療

1952年(昭和27年)スウェーデンのブローネマルク教授が実験中に偶然チタンが骨と緊密に接していることを見つけたのです。

ブローネマルク教授はチタンと骨が接合しているこの状態を「オッセオインテグレーション」と名づけました。 当時の科学の常識では、金属と骨が結合する事は信じがたい事でした。
その後、13年間に及ぶ基礎研究、動物実験を行いオッセオインテグレーションする性質を利用した、人工歯根(インプラント)システムのインプラントが開発され、体に安全な人工の歯根を埋め込むという画期的な方法が可能となりました。

インプラントは根本から固定されているので、入れ歯のように口の中で動いてしまったり、食べ物を咬み砕くことができないことはありません。 まるで天然の歯があるのと同じように生活できるようになります。


インプラントは、周囲の歯に負担をかけることなく、失ったはずの歯を人工的に取り戻す、すばらしい歯科治療です。入れ歯やブリッジのように周りの歯に負担をかけずに歯を立てられるということは、今残っている自分の歯を守ることにもつながるのです。


歯牙が欠損した部位に人工の歯根を埋め込み、その上に人工の歯を取り付ける治療です。
天然歯とほとんど変わらない外観と機能を回復することができます。


メリット
  • しっかり噛める
  • 違和感がほとんどない
  • 見た目が天然歯と同じ
  • 天然歯を守る
  • ブリッジのように、歯を削る必要がない
  • 入れ歯のように、バネがかかった歯が傷まない
  • 取り外しの入れ歯のようなわずらわしさがない
  • 精神的に満足度が高い
注意点
  • 保険がきかないので高価である
  • 外科処置が必要
  • 定期的なメンテナンスが必要
  • 体質や病気によっては治療ができない場合がある
  • 成功率が100%ではない
  • ブリッジや入れ歯より、治療日数がかかる



診査・各種検査

模型診査、各種画像検査(パノラマ撮影・セファロ撮影・CT撮影等)を行います。
次にそれぞれの患者様のあごの動きに不調和がないかどうか、顎機能診査(CADIAX)を行います。その後、検査結果の説明、治療費、治療期間等詳しく説明します。


術前処理

歯周病、虫歯がある場合はまず優先して行います。


インプラント手術

インプラントを埋入する1次手術を行います。
その後、骨との結合期間を待って必要であれば2次手術 (粘膜貫通術) を行います。
[1次手術から2~4ヵ月後]


上部構造

【仮歯装着】プロビジョナルレストレーション(仮歯)を装着し咬み合わせの安定、歯周組織の安定をはかります。 [インプラント手術から2~4ヵ月後]
【最終上部構造装着】プロビジョナルレストレーション(仮歯)にて咬み合わせの安定がはかれたら、最終上部構造を作製します。 [仮歯装着からから1~2ヵ月後]


メンテナンス

インプラント自体はチタンの金属製なので虫歯にはなりませんが、お手入れが悪いとインプラント周囲炎といった歯周病に近い腫れを引き起こす可能性があります。
そうならないため、インプラント治療後は正しいホームケアを行うとともに、定期的な歯科医院でのプロフェッショナルケアが大切です。


【治療期間】(状態によって異なる)  上顎: 2~4ヶ月  下顎: 1~2ヶ月



歯が一本も残っていない患者さんに行う治療です。
4~6本のインプラントで12~14歯分のかみ合わせが回復できます。
手術した日に仮の人工歯を固定できることもあります。

顎骨の移植をしないで済むことが多く、下顎の場合は4本のインプラントで支えるため、手術は低侵襲で比較的安価な治療費となります。

もちろん上顎、下顎に1本も歯がない方も、上下同時に1回で手術を終える事が可能です。

通常のインプラント治療より高度な技術を要するAll-on-4を行う歯科医院は多くありません。

[治療期間:3~6か月 / 費用:片顎 200万円~]


長い間、歯のない状態でいると、顎骨が細くなってしまい、インプラント治療を行うには骨量が不足している場合がよくあります。

技術の進歩により、不足している骨を増やす骨増量術という方法があります。この方法により、今までインプラントをあきらめていた患者さんでも治療を行う事が出来るようになりました。

しかし、外科処置を伴い高度な技術を要するため、治療を行える歯科医院は多くありません。

当院では、最新の設備により安心して骨増量術をうけて頂けます。


■サイナスリフト・ソケットリフト

上顎の臼歯部には上顎洞という空洞が存在します。臼歯部にインプラント治療をする際、その上顎洞との距離が短いためインプラント治療をあきらめている患者さんがたくさんいます。

技術の進歩により、その上顎洞内に骨を造りインプラント治療を行うことが出来るようになったのです。

しかし、外科処置を伴い高度な技術を要するため、治療を行える歯科医院は多くありません。
当院では、この骨増量術をたくさん行っており、患者さんに喜んで頂いております。


■ボーングラフト

長い間、歯のない状態にしておくと、顎骨が細くなってしまい、インプラント治療を行うには、骨量が不足している場合があります。

その際には、骨増量術により骨幅、骨の高さを増量することができます。


■GBR(骨再生誘導法)

骨が不足している部分に、膜を覆うことで骨を作るスペースを確保し、その中に、骨のもとになるものを詰めて、骨の再生を促す治療法です。

インプラントを埋め込むのに十分な骨の厚み、幅がない場合、用いられるテクニックです。






きちんと決められたメンテナンスプログラムを受けて頂いていれば、10年間保証します。
10年の間に上部構造の破折、インプラント体の脱落の問題がおきた際には、無償で再治療を行います。


インプラントは人工物であるため、虫歯にはなりません。しかし、歯周病にはなります。
そのため、定期的なメンテナンスが必須になります。

基本、年に2回の定期検診を行います。

年に2回以上定期検診を受けている患者さんに対しては、10年保証付きなので、期間内に問題が起きても追加治療代はかかりません。

◎定期検診
費用
5,250円/回
内容
レントゲン撮影、全体の歯石取り・口腔清掃
時間
約1時間


当院の使用しているインプラントは全国でも幅広く使われています。
もし、転勤・引っ越し等で当院での治療が困難となった場合でも、治療可能な歯科医院を紹介いたしますので、安心して続きの治療を受けて頂けます。


ご不明点やご不安は、お電話やメールにて解決してください。インプラント担当Dr.が解答いたします。